特定調停

特定任意調停で借金の精査

特定調停について説明する人

債務整理の4つの手段のなかでも、特定調停を選ぶ段階になると、債務者の目指すところはよりはっきりとしてきます。

簡単に言えば、借金の元本のみの返済で済むように要求することですが、実際には、借金をした当初にさかのぼって利息制限法の上限金利による引き直し計算を行い、それによって減額された元本を、分割で一定期間に返済していくことを目指すものです。

 

特定調停は、債務者が申し立てることによって、裁判所の調停員が債務者と債務者の間に入って話し合いの仲裁をし、返済条件の軽減等の合意が成立するように働きかけ、債務者がその債務を整理して生活の立て直しができるようにする制度です。
調停員とは要するに裁判官なのですが、個々の事案について、債務者の債務状況はもちろん、返済が出来ない状況に陥った理由や借金の使い道などを総合的に判断して妥協点を探ります。

 

債務者の状況は千差万別ですから、調停員はその都度内容の異なる交渉をしてきていますので、経験が豊富であればあるほど、その調整力は高いと言えるでしょう。
調停員は、債権者に対して債務の弁済放棄や利息分の減額などの妥協案を示し、最終的に合意へと導くように調整します。

 

調停員の役目は、債務者の代わりに、はじめは納得するはずもない債権者に対して妥協案を提示して交渉し、首を縦に振らせるように努めることであり、債務者の味方と言えるものです。
以上が特定調停の実態で、実際、特定調停ともなればほとんどの場合、この段階で合意に至ることになります。

借金地獄脱出のトップページへ戻る借金地獄脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金状況に応じてケースバイケースでの返し方や一刻も早く確実に借金地獄から抜け出すために必要なことは何か紹介しています。

関連ページ

債務整理の方法には4種類ある
債務整理というと自己破産が思い浮かびますが、実際には4つの債務整理の方法があります。借金の内容と収入を考え、あなたにベストの方法を得がんで行くことが大切です。
信用情報機関に記録されるということ
個人も法人もともに信用情報機関へ名前が登録されるのです。債務整理などの法的な借金の処理をした場合、一定期間のペナルティが課せられます。
ローンの保証人になれない可能性
債務整理のデメリットのひとつにローンの保証人になれない可能性があります。自分でローンを組めないのは当然ですが、ローンを扱う会社により信用情報を調査されるかもしれません。
得るものと失う物を天秤にかける
得るものと失う物を天秤にかける、と言うと生々しいものですが債務整理によって得られるメリットと失うデメリットの両方を今一度考えてみましょう、ということです。
過払い金返還請求とは何?
弁護士事務所、司法書士事務所のコマーシャルでよく聞く「過払い金」これはお金を借りていた人が「返しすぎていたお金」のことで、これを金融会社に請求することを過払い金返還請求と言います。