得るものと失う物を天秤にかける

得るものと失う物を天秤にかける

債務整理のデメリットについて説明する専門家

さて、ここまで債務整理の種類やその特徴、そして債務整理をすることのメリット・デメリットを説明して来ました。

債務整理とは、本来なら契約にもとづいて返済していくべき借金をなんらかの事情で返すのが難しくなったときに、法の力でその借金を減額、あるいは全額ゼロにしてもらうことができる特例措置であることは伝わったかと思います。

 

また、借金の圧縮という本来なら許されないはずの措置ですから、逆にデメリットもありこと、またそのデメリットがどのようなものであるかもお分かりいただけたのではないかと思います。
最後に、いま借金問題に苦しんで、これまでの説明を読んで債務整理をしてみようかと考えている方に、ひとつだけ伝えたいことがあります。
それは、債務整理のメリットとデメリット、言い換えれば、債務整理によって手にするものと失うものを比べてみてほしい、ということです。
特にまだ若い人は、これから先の人生はまだまだ長いわけですから、ここで債務整理をすることが果たして最善の方法なのか、ということを慎重に判断して欲しいのです。

 

住宅や自動車を買うことも出来ない可能性がありますし、そのような状態では結婚を決めた相手がいても結婚できないことも考えられます。
安易に借金問題から逃れてその後の人生に影響を及ぼすより、多少の苦労は厭わずに、頑張って返済しようという努力も大事です。
若い人に限った話ではありませんが、自分の借金が本当に返すことが出来ないものなのか、返せないからといって法的に救済してもらう内容なのか、安易に債務整理を決断する前に、考えることはたくさんあるのです。

借金地獄脱出のトップページへ戻る借金地獄脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金状況に応じてケースバイケースでの返し方や一刻も早く確実に借金地獄から抜け出すために必要なことは何か紹介しています。

関連ページ

債務整理の方法には4種類ある
債務整理というと自己破産が思い浮かびますが、実際には4つの債務整理の方法があります。借金の内容と収入を考え、あなたにベストの方法を得がんで行くことが大切です。
信用情報機関に記録されるということ
個人も法人もともに信用情報機関へ名前が登録されるのです。債務整理などの法的な借金の処理をした場合、一定期間のペナルティが課せられます。
ローンの保証人になれない可能性
債務整理のデメリットのひとつにローンの保証人になれない可能性があります。自分でローンを組めないのは当然ですが、ローンを扱う会社により信用情報を調査されるかもしれません。
特定調停とはどういうこと?
特定調停は任意整理とほぼ同じ内容で、利息制限法の上限金利で過去に遡って利息を再計算。そして借金の減額をはかるもの。任意整理と違うところは簡易裁判所が仲裁をするものです。
過払い金返還請求とは何?
弁護士事務所、司法書士事務所のコマーシャルでよく聞く「過払い金」これはお金を借りていた人が「返しすぎていたお金」のことで、これを金融会社に請求することを過払い金返還請求と言います。