借金 地獄 脱出

債務整理とは記事一覧

さて、ここまで債務整理についての説明をしてきましたが、ここでおさらいをしてみましょう。債務整理とは、約定通りに返していたら返済しきれない借金を、法律で定められた方法により、利息をカットして元本だけ返済するとか、借金そのものを減額するなどの特例措置の総称です。そして、この手続きを進めていくうえで必要になるのが、弁護士や司法書士であり、彼らが債務者に代わって、合法的に債務の圧縮を図ることになります。債...

債務整理をすると信用を失うことは説明しましたが、具体的には、個人であれば個人信用情報機関に登録され、法人の場合は帝国データバンクの事故情報に登録されることになります。債務整理をすると、最短5年、最長10年間は新規の借り入れが出来なくなるというのは、これらの信用情報機関にその情報が登録されるためなのです。債務整理の手続きの初期の段階で、弁護士から債権者に対して債務者がなんらかの清算状態に入る旨の通知...

債務整理をすることのデメリットは、社会的信用の失墜にあります。一定期間は新規の借り入れが不可能ですから、消費者金融のローンカードなどは当然として、その他のローン契約についてもまず無理だと思っておいたほうがよいでしょう。ここまでは当然と言えば当然なのですが、そのほかに、他人のローン契約の保証人を依頼されたとしても、保証人にはなれない可能性があることも知っておかなければなりません。これは、他人が契約す...

さて、ここまで債務整理の種類やその特徴、そして債務整理をすることのメリット・デメリットを説明して来ました。債務整理とは、本来なら契約にもとづいて返済していくべき借金をなんらかの事情で返すのが難しくなったときに、法の力でその借金を減額、あるいは全額ゼロにしてもらうことができる特例措置であることは伝わったかと思います。また、借金の圧縮という本来なら許されないはずの措置ですから、逆にデメリットもありこと...

債務整理の4つの手段のなかでも、特定調停を選ぶ段階になると、債務者の目指すところはよりはっきりとしてきます。簡単に言えば、借金の元本のみの返済で済むように要求することですが、実際には、借金をした当初にさかのぼって利息制限法の上限金利による引き直し計算を行い、それによって減額された元本を、分割で一定期間に返済していくことを目指すものです。特定調停は、債務者が申し立てることによって、裁判所の調停員が債...

最近、「借金問題解決」を謳うテレビ、ラジオのCMやインターネット広告、果ては折込チラシまで見かけることが多くなりました。中でも返済し過ぎた借金を取り戻しましょう、弁護士が債務者に代わって、過払い金返還請求という手段で解決します、というものです。どうしてこのような流れになったのでしょうか。これは、まず利息制限法と出資法という異なる法律により、貸金業者が設定できる利息の上限が2つあり、どちらを上限とす...