任意整理 とは

任意整理とは

任意整理とは、いくつか存在する債務整理方法の一つで、債務整理の中では一番行われていると言われています。

 

基本的にはお金を借りている貸金業者と話し合い、返済すべき借金の総額から元本だけを残し、利息分を減額していくことが目標になります。

 

そして、つぎに減らした借金を無理なく返済していけるように支払い方法の変更についても交渉することがこの債務整理の方法です。

 

 

それともう一つ、任意整理する際には「過払い金」が発生していないかもチェックです。過払い金という言葉は耳にしている方も多いはず。

 

その名前の通り、過去のお金を借りている金融業者に払い過ぎてしまったお金を返してもらう、という事で、これもいわば業者と私達との「交渉」「話し合い」によるものです。

 

 

なぜ過払い金が発生するかというと、過去には借金に違法な金利をかけることがなかば公然と行われるという異常な状態だったため。

 

それで私達は法律で決められている金額よりもたくさんの利息を、借金を返済するたびに払っていたということ。現在ではそんないい加減なことが通らなくなったということなのです。

 

なので過去にさかのぼって払いすぎた利息も取り戻せるようになった、というわけです。

 

 

任意整理も過払い金請求も、両方共法律で認められた正当な権利なのですが、裁判所などが仲介するわけではなく、貸金業者に対して個人による話し合いで行われるのが原則。

 

しかし、実際には弁護士、司法書士などを私達の代理人として、手続きそのものは彼らに依頼して勧めてもらうのが現実です。

任意整理とは記事一覧

任意整理とはどういうもの債務整理には、借金をすべてゼロにできる自己破産、財産を手放さずに借金を減らすことができる民事再生(個人再生)、そして一般的ではないものの特定調停という方法も選べます。その中でもいちばん多くの方が選択している債務整理の方法が任意整理という債務整理の方法で、債務整理を行う人の半数以上は任意整理を選んでいます。任意整理は債務整理の中では比較的手続きが簡素であり、いわゆる過払い金返...