民事再生 個人再生

個人再生手続きで借金精査

ではまず、民事再生(個人再生)について説明いたしますが、この手段は、比較的債務の額が小さい場合によく利用されます
自己破産をすれば、借金はゼロになりますが、その代償として、社会的信用の失墜を招きます。
いちど失った信用を回復するには相当な時間がかかりますので、自己破産を選択するのは、もうどうしても返済のしようがない、という場合に限るというのが一般的な考え方で、多少なりとも返済能力があるのであれば、なるべくそれを使いましょう、ということです。

 

民事再生(個人再生)は、今ある住宅や自動車などの資産を手放さずに、一定期間内で返済できるよう、債務者と債権者で妥協点を探すための協議をすることです。
お互いに妥協することが出来れば、あとは一定の期間内に無理なく返済できるような計画を立て、それに従って返済していくだけです。

 

借金で苦労はしても、仕事を続けて定期的な収入さえあれば、多少なりとも返済能力はあるはずですから、民事再生の手続きで借金を減額してもらえば返していけるのではないでしょうか。

 

法律の力を借りたとはいえ、自力で完済できれば、同じ失敗を繰り返す可能性は低くなるでしょう。

民事再生の内容について解説する専門家

安易に自己破産をして借金がゼロになると、ペナルティはあるとはいえ借金を返したわけではありませんから、人によっては大した痛みを感じずに同じ過ちを犯す可能性もあります。

 

債務整理という手段が合法的に用意されているのは、債務者が自立することを目指しているのであって、自己破産で借金がなくなったことをただ喜ぶだけの状態は、この制度が望む形ではないのです。
ですので、できるかぎり民事再生の手段を考えてみるのが良いと言えるでしょう。

借金地獄脱出のトップページへ戻る借金地獄脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金状況に応じてケースバイケースでの返し方や一刻も早く確実に借金地獄から抜け出すために必要なことは何か紹介しています。