借金 悩み 解決

なるべく早い解決を目指す

専門家が解説

現在残っている借金を全て返済するにはあと何年かかるのか、あなたのいまの年齢から考えて、残りの人生はあと何年くらいか?

そう考えると重い借金を背負い歩くつらい日々から解放されても残りの人生はごくわずか・・・という方も少なくないのではないでしょうか。
これからの返済生活がまだまだ長く続く、さらに毎月の返済をしているとほとんど手元に残らないギリギリの生活が続いているのであれば、債務整理という手段も考えるべきかもしれません。
債務整理とは、お金を借りている相手の業者と話しあったり、任意整理、自己破産など法律でみとめられている方法で借金の残額を減らして返しやすくしたり、あるいは借金返済が不可能であれば、借金をゼロにしてもらう方法。
それら幾つかの方法をまとめて一般的に債務整理と呼んでいるのです。

 

債務整理はお金を借りているこちらにとっては、良いことばかりのようですが、当然いくつかのデメリットもあります。
代表的なものが、いわゆるブラックリストに記録されてローンなどが組めなくなるのがよく知られているところです。
しかし、それらのデメリットやペナルティーを避けて借金で苦しんでいるのは本末転倒。
それらの悩みを解消して生活を再スタートできるようにと「債務整理」という手段が存在しているのです。
長いように思えるけれども意外と短い人生です。借金に悩んでいる時間が長く続くようであればなるべく早い解決をすべきです。
借金に縛られずに晴れやかな気持ちで残りの人生を歩んでいける、これはなによりも素晴らしいことだと、あなたなら理解できるはずですね。

早めにペナルティーを受け、再出発する

ブラックリストについて解説

早めにペナルティーを受け、再出発する、という考え方があります。どういうことかというと、いわゆるブラックリストについて考えてみましょう。

ブラックリストとはいわゆるあなたの信用情報の記録。クレジットやローンなどを利用するには利用した金額を返済できる信用や収入などの裏付けが必要です。
しかし、このブラックリストに名前が記録されてしまうと、それらの裏付けのない相手、信用の置けない人と判断されてしまいます。しかも、それは7年〜10年間ものあいだ、その情報は消えずに残るということなのです。

 

具体的には一旦ブラックリストに記録されると、その後、数年かけて残債の返済が全て終わり、そこから7年〜10年ローンの利用が不可能な期間がスタートするということ。
なので、結果的に10数年〜20年ほどの長い長い年月をかけて、ようやく信用を回復することになります。
ですから、残りの借金額が収入に対して大きな場合は、早めに決心して自己破産し、債務整理を終わらせてしまうという考え方もあります。
債務整理を始めれば、通常であれば約1年ほどで免責の決定、つまり自己破産が認められます。

 

そこから、一般的には向こう10年間ほど、信用事故情報としてリストに名前が記録されますが、その後は信用も回復し住宅ローンなどを利用することも可能になります。
つまり、同じブラックリストに載ってしまうのであれば、思い切って早めに債務整理することで、逆に信用の回復を早めることも可能だというわけです。
これまでの浪費や多重債務となった原因を見直し、債務整理後の生活を立て直し早く再出発をしていく、という積極的な考えでの債務整理の利用という考え方というわけなのです。

借金の悩み解決への道記事一覧

もう時間がない、すぐに相談して一刻も早く対策を立てたいのであればとりあえずは無料相談してみるのが近道。ネットからの利用であれば借金問題専門、全国対応の弁護士事務所に24時間365日の相談が可能です。深夜であってもメールでの相談が可能ですから、翌午前中には返事があるはず。とにかく急ぐというのであれば街角法律相談所での無料メール相談がおすすめできます。ここは自分の名前を出さずに匿名で利用できるのが最大...

いくつかのローン会社から並行して融資を受けている時に、返済をしやすくするために、ローンの借り直しをして、一社からの借り入れ状態にします。いくつもの返済会社から融資を受けていると、毎月の返済のために何度も返済手続きをしなければならなくなって、毎週どこかしらの金融会社にお金を返しているような気持ちになります。金利の低い金融会社にまとまった金額を借りることで、一本化をすることで利息を減額できることがあり...

今では、クレジットカードがキャッシングに使えることは、珍しい話ではなくなってきています。仮に、クレジットカードを作った目的が買い物だった場合でも、キャッシングのためにそのカードを利用することが可能です。多重債務者が増えてきている背景には、このように、簡単にキャッシングが使えるようになったことがあります。自分がそうなっているとわからずに、いつのまにか多情債務になっていて、身動きがとれていないという方...

いわゆるブラックリストは信用審査機関による個人の信用情報のことでこのリスト入りすると、融資を申し込んでも審査に通らなくなります。ですが、ネットの広告では、ブラックリストでも融資OKという文言を見かけることがあります。どの金融機関からも融資を断られているブラックリスト入りの人は、ブラックリストも可という言葉に乗せられてしまうことが珍しくありません。ですが、これはヤミ金融の魔の手が迫っていることと、大...