自己破産 メリット 目的

自己破産最大の目的は免責

自己破産すると実際にどうなるのか説明する男性

自己破産は、債務整理の中でも最終手段であって、その申し立てが通るということは、自己破産しか方法がないほど借金が返済不能な状態まで膨れ上がっていたということになります。

ということは、そこまで借りられるくらい社会的な信用があったわけですから、それ自体はけっこうなことなのですが、それは返済できればの話であって、返済不能で自己破産を申し立てることにより、その信用は完全になくなってしまいます。

 

ところで、実際の自己破産の流れですが、弁護士事務所に依頼して裁判所に申し立てれば、あとは手続きが進んで完了、とはいかず、まず裁判所でその債務の内容を詳しく確認します。
そのうえで、自己破産によって救済すべき案件かどうかを判断することになります。
結果、救済すべきと判断されれば、そこで初めて「免責」となるのです。
この免責が、自己破産の申し立てによる、目指すべきゴールです。
債務の内容などによっては却下される場合もあるわけで、免責を受けなければ、自己破産を申し立てる意味がないでしょう。

 

しかし、免責となればすべての借金の全額について返済が免除され、晴れて債務ナシの新しい人生が始められることになります。
ただし、いいことばかりではなく、一定以上の資産が裁判所に没収されますので、持ち家、自動車、積立型の生命保険など、お金になりそうなものはなくなってしまいます。
つまり、マイナスを埋めてもらう代わりにプラスを取られ、まったくのゼロからのスタートになるわけです。
このような自己破産ですが、一時期、申し立て件数が増えて破産者が激増したことがあり、最近では安易な破産者を増やさないために、裁判所の判断も厳しくなっていると言われています。
つまり、申し立てをしたはよいが、免責を受けられない人も相当数いるということです。

借金地獄脱出のトップページへ戻る借金地獄脱出の詳細はこちらからトップページをご確認ください。あなたの借金状況に応じてケースバイケースでの返し方や一刻も早く確実に借金地獄から抜け出すために必要なことは何か紹介しています。

関連ページ

自己破産を選択すべきなのは
自己破産は債務整理の中でも最後の手段とも言えます。しかし現実的な自分の状況について専門家に相談し、選択すべきとアドバイスされたら思い切ってすべきものです。
自己破産によるデメリット、ペナルティとは
借金を帳消しにできる自己破産ですが、当然メリットを得られるばかりではなく、デメリットや課せられるペナルティもあるのです。
自己破産後はどうしたらいいのか
自己破産を申し立てて、破産が決定し謝金が免責されるといままでの債務全てから解放されます。しかし生活を見つめなおすことで改めて新しいスタートになります。